読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kalanchoe.

「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」

愛媛での生活 初めての一人暮らし編



埼玉から愛媛に引っ越してから2週間が経とうとしている。

つまり、それは一人暮らしを始めてから2週間経つということで、こうして考えるとあっという間に過ぎたなあと思った。

今回はそんな一人暮らしについて書こうと思う。


実は、引っ越してから約3日間、部屋に布団が無かった。

引っ越して2日目に布団カバー、シーツ、枕、毛布が届いて4日目にようやく布団一式がきた。

布団が来るまではどうしていたのかというと、1日目の夜は外泊し、2日目と3日目は座布団を枕にして床に直に寝て、毛布を身体にかけてエアコンをつけて寝ていた。

床は冷たくて、身体が冷えまくって腹痛で目が覚め身体の節々が痛かった。

布団の偉大さを理解した。

ただ、今現在は床の上に布団を敷いている状況なので、ベッドか、絨毯が欲しいなと思っている。


私の部屋には家具らしい家具はない。唯一、部屋に最初から備え付けられていたクローゼット兼タンス兼押入れが家具らしいものである。

テレビ台がないのでamazonの棚の上にテレビを載せているし、小物なんかも適当にダンボールの上に乗せている。ダンボール万歳。

テーブルは小さい1人用の折りたたみ式テーブルを買ったが、思ったより小さくて自分が1人で使うにはいいけど誰かと2人で食べるときは結構しんどいなと思った。



料理。

自炊は結構している。と言いたいが、仕事が本格的に始まった日の夜はあまりにも疲れ過ぎてお弁当を買ってしまった。

まだ料理らしい料理をしていない。親子丼とオムライスとサンドイッチを作った。卵と炭水化物のオンパレードだね。

一人暮らしの自炊は賞味期限との戦いだなと思う。つい実家にいたときと同じ量のものを買ってしまって、なかなか使い切らずに腐らせてしまうことがあるので、気をつけたい。

料理器具が揃ってないので、フライパンでサンドイッチのパンを焼くときにヘラがなかったので手を突っ込んで手でひっくり返したら思いっきり火傷して痛かった。はやくヘラ買わないと。


余談ではあるが私は木の食器が好きである。というのも木なら落としても割れないから。

部屋に箒とちりとりがなく、クイックルワイパーを駆使して部屋を掃除しているのだが、もしものを落として割ったら掃除が大変だなと思うと、壊れやすいものは使えないよな。と思う。



掃除、洗濯。

前述の通り掃除はクイックルワイパーでなんとかなっている。まだ2週間目だからそんなに汚れていないのだけど、そのうち掃除機とか買いたいなと思う。

洗濯は、3日に1回くらいのペースでやっている。まぁそんなに量がないので頻繁にする必要がない。



この間市役所に行って、転入届を出して下水道やらなんやらの手続きをやった。

なんだか大人になった気がしてちょっと嬉しかった。



おわり。