読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空中楼閣

かしこくなりたい

「悪魔の陵辱」と10月2日

日記

今日、初めて、同人イベントにサークルとして参加してきました。

この日のためにプリパラのあろまちゃんの本を作りました。

 

 

去年ごろからプリパラのオンリーイベントコミケで同人イベントに一般参加をし始めたり、メロンブックスとらのあなで同人誌を集めているうちに「自分も同人誌を作りたい」という気持ちが大きくなって、梅雨頃にイベントの存在を知り

「そろそろ参加してみようかな」と思ったのが始まりで。

 

最初は同じプリパラでもオールキャラでみんなでわいわいする感じの話を考えていて、ネームまで作っていたのですが夏頃にちょっとした事件があり、明るい話を考える気分じゃなくなってしまったのでジャンルをガラッと変えました。

 

「悪魔に好かれたから悪いことが起きる」みたいなテーマを思いついたので、じゃあせっかくならとあろまちゃんを主役にしました。

それからは色々な漫画や本を読んで研究しました。

宮崎勤という、昔女児を誘拐して殺してしまった人がいるのですがその人の事件をまとめた本を読んで、女の子にそういうひどいことをしたくなる心理を勉強したり

ネットでたくさんラブホテルの写真を調べてみました(結局背景を描くのがすごく難しくてこれは生かされなかった)

ツイッターのフォロワーさんと話していて、「悪魔の陵辱」という言葉が出てきて「あっそれいいですね」みたいなノリでタイトルは決定。

でも、とりあえずエロ同人は抜ければよくて(つまり、絵がエロくて可愛い)ストーリーは二の次なんだなと、描いてて思いました…

 

前述した通り、漫画を描くにあたり色々調べた上でプロットと呼ばれる漫画の話の骨組みを文章にしたようなものを作り、それを元にしてネームという、漫画の絵の骨組みを簡単に描いたものをノートに描きました。

次はそれをパソコンのお絵かきをするソフトで描くのですが、実際にペンタブを握って描きます。

とりあえず、下書きがおおよそ仕上がってから、Pixivを見ているととあるサークルが私が描いている漫画とかなり内容がダブっていることが発覚。

最初はあろまちゃんを誘拐してきてめちゃくちゃにする話でしたが、それだとダブってしまうので… 今回の同人誌のようなストーリーに変える。

そのためにネームを一から練り直し。この時点で9月に入っていました。

今回のストーリーでなぜ竿役を大学生にしたのかというと、とりあえず大学生が自分に歳が近いし、あまり犯罪って感じがしないのでライトに読めるかなと思ったからです…

あとおっさんは描くのが難しいです。いつか挑戦したいです。

本当はあろまちゃんもプリパラチェンジ後ではなく普段の小学生の状態で書くつもりでしたが

あまり小柄だと今の自分の画力では構図に限界があるなと思い無理やりプリパラチェンジ後で描きました。

毎日仕事が終わってからすぐにパソコンを開いて漫画を描いていました。正直とてもしんどくて、エロい漫画を描いているというよりはただの作業に感じていました。

あろまちゃんの髪型は描くのがすごく難しくて色々な同人誌を読んで参考にしました。

 

ラストは悩んだのですが、サークルカットのあろまちゃんがせっかく首輪をつけているので、繋げてみました。

もしかしたら次の本はそういう感じになるのかもしれません。

 

 

てな訳で今日はイベントでした。

会場について、自分のスペースに行くと印刷所から自分の本が段ボールにはいって送られてきていて、もうそれを見ただけで泣きそうだったのですが

段ボールを開けて自分の漫画が本になっているのを見たらなんか今までの苦労が蘇って少し泣きました。

泣いてても仕方ないので持ってきた荷物を机の上に置いて写真を撮ったりしていたらいつの間にかイベントが始まってました。

スペースに座ってぼーっとTwitterを見つつ、自分の目の前をたくさんの人が横切って行くのですが

頑張って前日の夜にみれぃの色紙を描いてそれを飾って置いたら結構色々な人が見てくれました。

中には本を手にとって読んでくれる人もいて、嬉しいやら何やらでドキドキはするんですがそういうひとは大抵買わないで帰って行くので慣れてくると目のやり場に困ったりしました。

そんな感じだったので本1冊も売れなかったらどうしようとか思っていると、

「一部ください」と言われて…

初めてそう言われて、ちょっと声が裏返っちゃったんですけど、でも本当に嬉しくて、嬉しくて…

同人を続けてる人ってやっぱりこういうのが嬉しいんだなぁと思います。

その後もパラパラ本が売れて、結果自分の予想の売り上げに到達してました。嬉しい。

あまりお金がなかったので、どうしても欲しいとこだけ買ってあとは余裕ができたときに違うイベントに行ったら買えばいいかなって思っていたので、売り上げでちょこっと本を買って、よそのサークルさんと少し話したりしました。

あとトモチケも持って行ったらたくさんの人と交換できました。ぶっちゃけ本を買うよりトモチケ目当ての人が多かったので、これはう〜んって感じでした。

色々トラブルもありましたがなんやかんやで初イベントは自分の中ではいい感じに終わりました。

これから同人を続けて行く上で目標もたくさんできたのでその目標を達成するためにもこれからもっと頑張りたいです。

自分がこんな風に思えたのは漫画を描くのに助言をくださった方、ゲストでイラストを描いてくださった方、今日本をお手にとってくださった方のおかげです。

ありがとうございました。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

悪魔の陵辱は恥ずかしくて読み返せないので段ボールの肥やしになります。