読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kalanchoe.

「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」

「8BEATのシルエット」と布袋寅泰について

今回のブログは、布袋寅泰さんに興味のない方はおもしろくないと思います。先に謝っておきます。すみません。

 

 

私は布袋寅泰さんが好きです。

布袋寅泰さんは今年で35周年を迎えた日本が誇るギタリストです。

元はBOØWYというバンドで活動していましたが、解散してからは吉川晃司さんとCOMPLEXというユニット・バンドを組み、それも解散してからはソロとして活動しております。

私はポルノグラフィティ布袋寅泰さんの「Poison」という曲をカバーしたものを聴いて布袋寅泰さんを知って好きになりました。

今回はそんな布袋寅泰さんが出した最新のシングル曲「8BEATのシルエット」についてと、先日行われた高崎での凱旋フリーライブで思ったことを書きたいと思います。

 

 

まず、8BEATのシルエットはどんな曲かというと、布袋さんが今年で35周年を迎えたということで、そんな彼の今までを振り返り、そしてこれからも頑張るぞっていう気持ちを込めた曲になっています。

近年、活動拠点をロンドンにうつした布袋さんは、ライブハウスでのツアーを始めました。

日本では大きなホールをいっぱいにしてしまう布袋さんですが、ロンドンのライブハウスを埋めるのはなかなか大変らしいです。

 

私が初めて「8BEATのシルエット」を聴いたときに気に入ったのはまずはイントロのメロディです。

先日書いたこの記事

honeytrap.hatenablog.com

では取り上げませんでしたが、8BEATのシルエットも負けず劣らずかっこいいイントロとなっています。

そして、歌詞です。

「One day 風の街 夢を見つけた少年は」という歌詞から始まりますが、

要するに出身地である高崎で、ギターを始めたことを表しています。

1番はいままでを振り返るような歌詞ですが、2番でようやく

「立ち止まったままの人生 本気で変えたいなら 全ての過去を振り切って 生まれ変れ 自由になれ」と、また新しいスタートを切ったことを表しています。

 

そして、サビなんですけど、「誇りを持て」と言っています。

私はその「誇りを持て」という歌詞に、正直勇気付けられました。

仕事をやっていて、つい周りと比べたりして、自信がなかったんですけどこの曲を毎朝聴いて、今日も頑張るぞという気持ちが持てました。

そのくらい思い入れがあって、好きな曲なんですが、

先日7月3日に群馬県高崎市にて「布袋寅泰 35th Anniversary 8BEATのシルエット 2016 【BEAT3】〜Power of Music〜 FREE LIVE! 自由の音を聴け」というライブがあったためはるばる高崎まで行ってきました。

 

https://twitter.com/maple_trap/status/749424984582287360

 

先ほども述べましたが、「8BEATのシルエット」は布袋さんが活動してきた35周年を振り返り、そしてこれからも頑張るという気持ちを込めた曲で、高崎のことも歌っていましたから

この曲をライブで聴くとしたら、絶対に布袋さんが「帰ってきたぞ」という気持ちで挑むようなライブ、つまり「布袋寅泰 35th Anniversary 8BEATのシルエット 2016 【BEAT3】〜Power of Music〜 FREE LIVE! 自由の音を聴け」でしかないと思い、行きました。

 

 

ライブでの演奏はとても素晴らしかったです。

やっぱりギターを演奏する布袋さんはすごくかっこよくて心が震えました。

ライブ中、布袋さんが言っていたことなんですが

 

「夢はかならず叶うものではないけれど、その夢を叶えるために努力をしたということに誇りを持って欲しい」

 

ずっと、8BEATのシルエットで、布袋さんの35周年を振り返る以外の他の意味も考えていましたが、ようやくこういうことなんだなとわかった気がしました。

 

BOØWYやCOMPLEXの解散や、布袋さんがギターを始めるきっかけになったデヴィッド・ボウイさんが亡くなったこと、いろいろなことがありましたが、それでもまた新しくスタートを切った布袋さんをこれからも応援したいと思います。

昨日はとても暑くて大変でしたが、会場の中に入れて(なにせよ1万人規模の広場の外に1万5000人がいたという話ですから)、「8BEATのシルエット」を演奏する布袋さんが観られて本当に嬉しかったです。

 

 

BEATは鼓動という意味で、ロックというジャンルではよく8ビートのリズムの曲が多いのですが

これは人間の心臓の鼓動と同じリズムなんだそうです。

目の前で演奏を聴いている観客の心を掴むための8ビートを刻む演奏者、「8BEATのシルエット」はまさしく布袋寅泰さんなんだなぁなんて思いました。

 

 

 

夢に抱かれ 夢を信じ 夢を叶え 夢に散った

永遠に咲き誇る残像は  8Beatのシルエット

 

 

 

おわり。

 

f:id:maple_trap:20160704215736j:plain