読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kalanchoe.

「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」

毛を吹いて疵を求める

 

 

 

どこの世界にも、人のあら探しばかりして責め立てる人はいる。

無論、私も、つい妬みとかそういう下らない理由で、人の欠点を責めてしまう。

よくない事だと思う。誰も得しないし、傷つく人が増えるだけだ。

 

 

私の知り合いに、いつもなにかとつけて人に文句を言う人がいる。

その人は目上の人には大層気を使い、何も言わずにむしろ褒めるような勢いなのだが、自分の友人には容赦せず、いつも粗探しばかりしては貶してくる。

例えば、新しい服を買い、着てくると「その色はあなたが着ても似合わない」としか言わないし、なにか発言しようとすると「それは間違ってる」とすぐに反論する。

 

 

目上の人は、その人のそんな性格を知らないのかというと、実はそうでもない。

「いつも他人の粗探しばかりしている人」そう思っているらしい。

 

 

 

誰かを貶したり、悪口を言えば言うほど、自分の価値はどんどん下がる。

「私は悪口を言う人間です」とアピールしているようなものだ。

人に対してとやかく言う前に、まず、自分のことを見直して、私も気をつけたい。

 

 

 

毛を吹いて疵を求める:【好んで人の欠点を指摘すること。また、かえって自分の欠点を曝け出すこと】