読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kalanchoe.

「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」「おおらかな心」

駈込み訴え

年の瀬も押し迫ってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

年内最後のブログの更新となりました。

 

このブログを開設したとき「なるべく放置しないように気をつけます」と記事に書いたのですが、現在見事に放置しています。この間一言だけ書いてそれが最後です。

うーん、Twitterでぼろぼろぼろくそ言っているとそれで満足してしまうのでしょうか。いや、よくない。

 

ところで、皆様は1人でごはん、食べたことありますか。

 

両親は仕事で帰りが遅く、夕飯は自分で作ってみたり、買って1人でテレビを観ながら食べたりしたこと、ありますか?

学校、会社、そういったところでお昼休みなんかに、周りがわいわいねー次の授業の課題やった?とか最近社食味落ちたねとかそういう話をしているのを横目に、1人で携帯をいじりながら、黙々とごはんを食べた経験がありますか?

 

多分、というか絶対、こんなブログを読んでいる人は経験があるでしょう。ぼっち飯。

ああもうぼっち飯という言葉から漂う悲壮感、最悪ですね。

 

違う質問をします。

 

皆様は昼食や夕食をどこか飲食店で摂っているときに、周りに1人で食事をしている人を見たことがありますか。

 

多分、というか絶対、こんなブログを読んでいる人は見たことがあるでしょう。

スーツを着た男性が険しい顔をしながら吉野家の牛丼をかっこんでいたりする見ていてこっちにも辛い気持ちが伝わるような光景、日本のどこにでも存在します。最悪ですね。

 

ところで皆様、あれ知ってますか。

孤独のグルメ」40代〜50代の個人で貿易商を営む井之頭五郎が仕事のついでとかで寄ったお店で食事をして、その心中で食事の感想や店の内装、店員の態度などに感想を言いまくるあれです。

原作は9月に2巻が出て、ドラマは現在Season5まで放送されて(12/18に最終回が放送されました)、今度お正月にスペシャルが放送されるそうです。今から楽しみですね。

ただおっさんが大変美味そうに飯を食いその感想を心の中で言うそれだけの漫画やドラマがなぜあんなに人気なのか…。実は結構高い年齢層の方に人気らしいです。深夜にやっているドラマなんだから年寄りは寝てろと思いますが。

 

私は「孤独のグルメ」が好きです。この話を会社の人にしたら渋いとか言われてしまいましたが、孤独のグルメが好きです。

井之頭五郎もといゴローちゃんは、いつも1人でご飯を食べます。たしかSeason1で誰かとメンチカツを食べていたり、時々他の客と多少話をしたり店員や酔っ払った客にアームロックをかけたりする以外は基本1人、孤独に食事を楽しみます。

 

「同じ釜の飯を食う」という慣用句があります。誰かと同時に、同じような内容の食事をとることで、共同体というか、仲間意識が生まれるってことですね。

 

そういった考えがあるということは、つまり多くの人が「食事は誰かと一緒に楽しむものだ」と思っているということです。

 

前述した、学校や会社や飲食店のぼっち飯。あれ、正直結構注目されますよね。

飲食店ならまだしも、学校や会社は「団体行動」が基本でありその団体行動から逸脱したのがぼっち飯であるわけですから、そりゃあ注目もされますし中には「なんで1人でご飯食べてるの?」なんて余計なことを言ってくる奴もいるわけです。死ねばいいのに

 

誰かと食事をとりたかったら最初から誘ってます。

なんで1人でご飯食べてるの?って、1人で食べたいから。誰にも邪魔されずに、1人で、自分のペースでご飯を食べたいから。

 

f:id:maple_trap:20151227224250j:plain

 

ご飯を食べるときくらい、いいじゃないですか…。ね。

孤独のグルメが人気なのは、こういった考えの人の共感を呼んだからかもしれませんね。

 

孤独のグルメの話は、また書こうかなと思います。

 

では皆様よいお年を。

 

はにーより。