読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空中楼閣

かしこくなりたい

最近観た映画の感想

日記

ここ最近映画館に行く機会がとても多いです。

もともと映画を観ることは嫌いではありませんでしたが、学生のころまでは家でDVDやテレビでの放送を観てばかりで、映画館まで出向くことはほとんどありませんでした。

学生のころは一応アルバイトをしておりましたので、多少のお金はありましたが「わざわざ映画館まで行って観るほどではない」と思っていたのです。

 

社会人になり、たくさんの人と話すようになり色々な本や映画を勧められたり、それがきっかけでたくさんの名の通った作家や俳優を知り、映画に対して強く興味を持つようになりました。

 

まぁそんなこんなで最近観た映画、「君の名は。」と「グッドモーニングショー」の感想を書きます。

ネタバレ注意です。

 

 

 

 

・『君の名は。

www.kiminona.com

 

 

監督は「秒速5センチメートル」で有名な新海誠

というかもはや説明不要なレベルで有名ですね。

私は諸般の事情で公開から1ヶ月以上経ってから観に行ったのですが、それでも公開したばかりってレベルの本数で上映されていて、しかも劇場が混んでて驚きました。

観る以前は散々「カップル向け」「観終わったら誰かに告白したくなる」と聞かされていて、高校生の甘酸っぱい青春模様という印象があったため、私のような薄汚い心を持った人間が観るには敷居が高いアニメなのではと思っていましたが、全然そんなことはなくオタク向け映画でした。

それでも映画の背景はまるで実写かと思うくらい美しく、そして登場人物の心情や行動や趣味嗜好を背景で表してるようなところが結構あったので、確かにこれは何回か観ないとわからないところあるよなぁ、と思いました。

ちなみに私はやっぱり手に「すきだ」と書いてあるシーンと電車の中で「瀧くん…」ってやってるシーンが好きですね。

 

 

 

・グッドモーニングショー

good-morning-show.com

監督、脚本は「踊る大捜査線」でも有名な君塚良一

製作はフジテレビ。

というわけで思いっきりフジテレビ色が強い映画になっています。

朝のワイドショーを舞台とした「笑撃」のオリジナルコメディとなっていますが、全然笑えません。はらはらしすぎて観るのが疲れました。

主人公、澄田を演じるのはミキプルーンのCMでお馴染みの中井貴一。落ち目のニュースキャスターという設定で、昔現場でリポートをした時にしたある行動のせいで炎上してしまい、それ以来現場に立たず朝のワイドショーのキャスターをつとめています。

 

 

仕事を頑張っている人なら、誰しも自分がやっている仕事にある程度の目標があります。

それは例えば番組の制作関係の人間なら視聴率を取ること、無事に番組を終了させること。ニュースキャスターなら無事に番組を進行させること。

その信念を他人とのぶつかり合いの中でどこまで貫き通せるのかがこの映画のミソとなっています。

 

詳しい内容は上に貼った映画の公式サイトを見ればわかるので省きますが、序盤の番組制作のスタッフがニュースの内容をああでもないこうでもないと決めたりあれこれ準備している様子はかなりスピーディーで、そしてテンポよく進んでいて観ていて気持ちがいいです。

ただ後半、立てこもり犯濱田岳ミキプルーン中井貴一対面のあとからはかなりテンポが悪いというか、早く終われ!!とずっと思うくらいでした。とにかくね、狂った立てこもり犯を濱田岳が見事に演じきっていて、その様子がめちゃくちゃ気持ち悪くて観てて本当に泣きそうだった。

いつ殺されるかわからないのに、それでも「視聴者が求めているから」と、防護服の中に小さなカメラとマイクを仕込まれ立てこもり犯と対面する澄田がとにかくかわいそうで。

とにかくその気持ち悪さとかわいそうさが観ててしんどかったので、アレでようやく解放された〜って感じでした。

と、いうか私は松重豊さんが大好きで、この映画も強面警察特殊班の松重豊さん目当てに観に行ったんですけどね。何かいうたびに迫力が段違いで本当にかっこよすぎて涙が止まらなかったですよ。松重豊さんになら逮捕されても構わないですね私は。そのくらい好きです。

 

 

おわり。

 

最近思うこと

日記

最近よく思うこと。

 

性根が腐ってる人間と一緒にいてもなんの得にもならない。

 

当たり前のことだけど。

 

何でもかんでもまず言い訳から入って何もしようとしない人を見るとイライラする。

 

人が何言ってもどうせどうせって言い訳ばかりして人が言ってることに対して

いちいち揚げ足とっていってくる人がいる。

 

そういう人は構ってほしくて言ってるんだろうけど、話しててやっぱりイライラするし関わりたく無いと思う。

 

というか、いい歳こいてそういう子どもみたいなことやってるのはいかがなものか、とおもう。

 

いつまでも子どものままなんだろうね。

 

関わりたくない。大嫌い。

 

いつまでも自分と同じ考えの人間たちと仲良く傷の舐め合いでもやってれば良い。

 

そして、

こういう人間が近寄ってこれないくらい、私は強い人間でありたいと思う。

 

 

おわり。

「悪魔の陵辱」と10月2日

日記

今日、初めて、同人イベントにサークルとして参加してきました。

この日のためにプリパラのあろまちゃんの本を作りました。

 

 

去年ごろからプリパラのオンリーイベントコミケで同人イベントに一般参加をし始めたり、メロンブックスとらのあなで同人誌を集めているうちに「自分も同人誌を作りたい」という気持ちが大きくなって、梅雨頃にイベントの存在を知り

「そろそろ参加してみようかな」と思ったのが始まりで。

 

最初は同じプリパラでもオールキャラでみんなでわいわいする感じの話を考えていて、ネームまで作っていたのですが夏頃にちょっとした事件があり、明るい話を考える気分じゃなくなってしまったのでジャンルをガラッと変えました。

 

「悪魔に好かれたから悪いことが起きる」みたいなテーマを思いついたので、じゃあせっかくならとあろまちゃんを主役にしました。

それからは色々な漫画や本を読んで研究しました。

宮崎勤という、昔女児を誘拐して殺してしまった人がいるのですがその人の事件をまとめた本を読んで、女の子にそういうひどいことをしたくなる心理を勉強したり

ネットでたくさんラブホテルの写真を調べてみました(結局背景を描くのがすごく難しくてこれは生かされなかった)

ツイッターのフォロワーさんと話していて、「悪魔の陵辱」という言葉が出てきて「あっそれいいですね」みたいなノリでタイトルは決定。

でも、とりあえずエロ同人は抜ければよくて(つまり、絵がエロくて可愛い)ストーリーは二の次なんだなと、描いてて思いました…

 

前述した通り、漫画を描くにあたり色々調べた上でプロットと呼ばれる漫画の話の骨組みを文章にしたようなものを作り、それを元にしてネームという、漫画の絵の骨組みを簡単に描いたものをノートに描きました。

次はそれをパソコンのお絵かきをするソフトで描くのですが、実際にペンタブを握って描きます。

とりあえず、下書きがおおよそ仕上がってから、Pixivを見ているととあるサークルが私が描いている漫画とかなり内容がダブっていることが発覚。

最初はあろまちゃんを誘拐してきてめちゃくちゃにする話でしたが、それだとダブってしまうので… 今回の同人誌のようなストーリーに変える。

そのためにネームを一から練り直し。この時点で9月に入っていました。

今回のストーリーでなぜ竿役を大学生にしたのかというと、とりあえず大学生が自分に歳が近いし、あまり犯罪って感じがしないのでライトに読めるかなと思ったからです…

あとおっさんは描くのが難しいです。いつか挑戦したいです。

本当はあろまちゃんもプリパラチェンジ後ではなく普段の小学生の状態で書くつもりでしたが

あまり小柄だと今の自分の画力では構図に限界があるなと思い無理やりプリパラチェンジ後で描きました。

毎日仕事が終わってからすぐにパソコンを開いて漫画を描いていました。正直とてもしんどくて、エロい漫画を描いているというよりはただの作業に感じていました。

あろまちゃんの髪型は描くのがすごく難しくて色々な同人誌を読んで参考にしました。

 

ラストは悩んだのですが、サークルカットのあろまちゃんがせっかく首輪をつけているので、繋げてみました。

もしかしたら次の本はそういう感じになるのかもしれません。

 

 

てな訳で今日はイベントでした。

会場について、自分のスペースに行くと印刷所から自分の本が段ボールにはいって送られてきていて、もうそれを見ただけで泣きそうだったのですが

段ボールを開けて自分の漫画が本になっているのを見たらなんか今までの苦労が蘇って少し泣きました。

泣いてても仕方ないので持ってきた荷物を机の上に置いて写真を撮ったりしていたらいつの間にかイベントが始まってました。

スペースに座ってぼーっとTwitterを見つつ、自分の目の前をたくさんの人が横切って行くのですが

頑張って前日の夜にみれぃの色紙を描いてそれを飾って置いたら結構色々な人が見てくれました。

中には本を手にとって読んでくれる人もいて、嬉しいやら何やらでドキドキはするんですがそういうひとは大抵買わないで帰って行くので慣れてくると目のやり場に困ったりしました。

そんな感じだったので本1冊も売れなかったらどうしようとか思っていると、

「一部ください」と言われて…

初めてそう言われて、ちょっと声が裏返っちゃったんですけど、でも本当に嬉しくて、嬉しくて…

同人を続けてる人ってやっぱりこういうのが嬉しいんだなぁと思います。

その後もパラパラ本が売れて、結果自分の予想の売り上げに到達してました。嬉しい。

あまりお金がなかったので、どうしても欲しいとこだけ買ってあとは余裕ができたときに違うイベントに行ったら買えばいいかなって思っていたので、売り上げでちょこっと本を買って、よそのサークルさんと少し話したりしました。

あとトモチケも持って行ったらたくさんの人と交換できました。ぶっちゃけ本を買うよりトモチケ目当ての人が多かったので、これはう〜んって感じでした。

色々トラブルもありましたがなんやかんやで初イベントは自分の中ではいい感じに終わりました。

これから同人を続けて行く上で目標もたくさんできたのでその目標を達成するためにもこれからもっと頑張りたいです。

自分がこんな風に思えたのは漫画を描くのに助言をくださった方、ゲストでイラストを描いてくださった方、今日本をお手にとってくださった方のおかげです。

ありがとうございました。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

悪魔の陵辱は恥ずかしくて読み返せないので段ボールの肥やしになります。

 

 

エスプレッソ

日記

エスプレッソespresso)は、深煎りで微細に挽いたコーヒー豆を充填したフィルターに、沸騰水を加圧状態で濾すことで抽出されたコーヒーのことである。普通のコーヒーカップの半分ほどの大きさのカップで供されるため、デミタスとも呼ばれる。demiは半分、tasseはカップの意である。

 

ブログを久しぶりに更新するにあたり、Twitterでネタを募集したところ

「エスプレッソ」という お題がきたため、エスプレッソで書きます。

 

 

エスプレッソと言われてもピンとこなくて、

いやコーヒーのことだとはわかっているけどエスプレッソってどんなんだっけと調べたところ、

要するに喫茶店で「エスプレッソ」と頼むとでてくる、泡がやたら多いあれなんですかね。

 

私はブラックコーヒーを普段あまり飲みません。

もちろん、コーヒーは好きなのですが、砂糖とミルクを入れたほうが好みます。

そして普段飲むのはインスタントの、あの瓶に入っている粉に砂糖をいれ、そしてお湯と牛乳を入れて混ぜたやつなので、

喫茶店で泡が乗ってるやつが出てくると「コップ洗い流してねえのかよ」と思ったり…はしないですが、泡の処理に困ったりします。

ちなみにカフェラテはタリーズコーヒーのが一番美味しいと思います。

 

 

ところでエスプレッソマシン、欲しいんですけど家に置き場がないのでどうしようかなと思っています。小さいのとかないのかな。

 

 

 

おわり。

Kさんのこと

日記

 

 

Twitterでボロクソ言われている某腐女子をみて、同じ中学にいた女の子のことを思い出したのでつらつらと書いてみる。

卒業してからかれこれ5年は経つので時効だとは思うし本人がこのブログを読んでいるのかもわからないし本人は私の連絡先を知らない(ただし家の住所と電話番号走っていると思う)ので、書いても大丈夫だとは思うけど… 怒らないでください。

 

 

その子はKさんといった。Kさんはいつも真っ黒な髪をひとつにまとめ後手にしばっていた。

肌が真っ白で、お洒落とは程遠い、ものをよく見ることに特化した眼鏡をかけ、ふっくらとしたおもちみたいな身体を、ちょっと薄汚れたセーラー服で包んでいる。スカート丈は他の女の子と比べると長い。白いハイソックスがタイツのように見える。

給食を食べ終わり、周りの女子が歯を磨いている中Tさんは歯を磨いていなかった。

Kさんは俗に言う「オタク女子中学生」だった。ジャンプが好きだったし深夜アニメも好きだった。深夜アニメは兄の影響だと言っていたけどとにかくジャンプが好きで銀魂とブリーチとハンターハンタービックリマン女神転生が好きだった。

字が綺麗で絵も(周りと比べたら)上手かった。美術部に、剣道部と掛け持ちで入っていたけど剣道部はじきに行かなくなり美術部に入り浸るようになった。

厳しい先輩が卒業したころ、Kさんはいつのまにか「アンソロジー」と呼ばれる分厚い漫画を学校に持ってきていた。

漫画は本来持ち込み禁止なのだが、美術部は顧問の先生が元漫画家で、活動の中で部誌として同人誌を出すくらいだったので、美術部の中では漫画の持ち込みが許可されていたのだった。

周りの部員たちがちゃおやらなかよしやらジャンプやらを読んで必死に原稿用紙にトーンを貼っている中、Kさんは一人アンソロジーを読んで鼻息を荒くしていた。

そのアンソロジーは「BL」ものであった。私は好奇心からKさんにその本を貸してもらったが、自分の知っている男性キャラクターが真っ裸でもみくちゃにされているイラストを見てショックを受けてしまった。

Kさんは腐女子だった。春に出す部誌に、銀魂の某キャラと某キャラのBL漫画を載せようとして、周囲に大不評を買っていた。

 

 

Kさんは頭が良かった。

Kさんは県の中でも有数の進学校に行くんだと思っていた。

Kさんはその進学校の前期募集試験で落ちた。直前まで勉強もせず漫画を読みアニメを観て絵を描いていたからだ。

Kさんは後期試験でも落ち、滑り止めで受けた私立の高校に行くことになった。

 

 

Kさんに会ったのは成人式の後の同窓会。

その後は知らないけどきっとどこかで元気にやっていると思う。

Kさん、まだ銀さんみたいなツッコミスキルは健在ですか。

 

 

 

おわり。

はにいの夏休み

日記

社会人になって2年目。待ちに待った、わずか10日ばかりの夏休みもついに終わった。

夏休みが終わるとそれだけで「夏」が終わったように思う。

まだ8月は終わっていないし、プールや海もまだ行っていないし、かき氷も食べてないのに夏が終わってしまう。

そんなはにいの夏休みをちょっと振り返ってみよう。

 

 

8/13(土) 夏休み1日目

朝早起きし、父親、母親、そして飼い犬と片道5kmの散歩に出かけた。

散歩は良い。普段は通らない道を歩くといろいろな発見がある。

田んぼのおたまじゃくしを食べる鳥、井戸水をごくごくと飲むうちの犬、やたら凝った庭づくりをしている家、そういうのを見ていると日々の喧騒を忘れられる。

そして帰って昼寝をして、夜は地元の花火大会に行った。まさに「夏」な1日だった。

どこか遠出をして思いっきりはしゃぐのもいいけど、こうしてのんびり過ごすのがやっぱり一番だと私は思う。

 

 

8/14(日) 夏休み2日目

ぶっちゃけこの日のことはよく覚えていない。確か夏コミ3日目だった。行ってないけど。冬コミに申し込もうとして慌てて申込書を取り寄せていたような。

 

 

8/15(月) 夏休み3日目

終戦記念日だ。

平日なのに昼前に起きて、のんびりだらだらしていると「平和」という感じがする。

洗濯機で回した洗濯物を干し忘れた。

 

 

8/16(火) 夏休み4日目

Twitterのフォロワーが実家に帰ってくるのに関東にくるというので、会うことになった。場所は関東の某所。フィギュアとお土産をいただいた。

喫茶店でお茶をしばきながらポケモンGOやお弁当箱の話をして、近くのゲーセンでUFOキャッチャーをし、プリパラのらぁらのフィギュアをとってもらった。

私はUFOキャッチャーの知識が全くないため、こういうのが得意な人には憧れる。

と、いうか自分にできないことをできる人は尊敬する。すごい。

 

 

8/17(水) 夏休み5日目

この日は日頃お世話になっているTwitterのフォロワーと約半年ぶりの再会となった。

台風が去った後でとてもとても暑かった。天ぷらそばを食べた。

余談ではあるが私は実はそばが好きだ。特にめんつゆのなかにわさびをドバドバいれて溶かしたものに冷たいそばをぶちこんで食べるのが大好きだ。

というわけで天丼のお店なのにそばを食べました。美味しかった。やっぱり夏はそばだなぁと思う。

でも、チェーン店のそばはなぜあんなに美味しくないんだろう。あんな麺を出して金を取るのはよくないと思う。

 

 

 

8/18(木) 夏休み6日目

この日は本当は予定があったのだがキャンセルした。どうしても何の予定もない日にしたかった(結局夕方出かける羽目になったが)

自転車に乗っていてもポケモンGOで歩行距離を稼げると知りひたすら自転車を漕いだりした。疲れた。

 

 

8/19(金) 夏休み7日目

野暮用があり免許センターに行った。時期的に高校生がいっぱいいると思っていたら、意外にも外国人や頭の禿げたおっさんが多かった。

下着や靴下を調達したり漫画を買ったりした。

夜は出身地である茨城のまぐろとかつおの刺身を食べた。

余談ではあるが私は刺身が好きである。とくにわさびをたっぷりと乗せて醤油につけて食べると抜群においしい。

と、いうか私はわさびが好きなので、ご飯にのせたりパンにつけてみたりもする。パンにつけるのはあまりおすすめしない。

 

 

 

8/20(土) 夏休み8日目

関東某所にて書いている同人誌の取材を行った。今回の体験がどのくらい同人誌に落とし込められるかはわからないけど結構有意義な体験ができたと思う。友達もできたし。

夜に酒を飲んでノリで外を出歩いたけど怖かった。

 

 

 

8/21(日) 夏休み9日目

最終日。とくに変わったことはしない。

 

 

 

毎年毎年どこか遠くに行きたいと思いつつ結局地元から出ないけれど、きっと私にはこれがあっているんだと思う。

 

 

来年の夏も楽しく過ごせますように。

 

 

おわり。

ライン

ポルノグラフィティ

 

honeytrap.hatenablog.com

 

 

ライン

ライン

 

 

 

 前回岡野昭仁作詞に対し、今回はポルノグラフィティのギター、新藤晴一が作詞をやっておます。

晴一の作詞の特徴として、全体的に物語のようで、その端々に滲む「優しさ」、そして一度聴いたら耳に残るような詩的なフレーズがあると思います。

前回「冷たい手〜三年八カ月〜」の話をしたので、今回はそんな新藤晴一作詞の「ライン」の話をします。

 

 

この曲は、失恋というよりはまだ何も始まってないけれど終わってしまったみたいな感じの曲です。「ライン」とは「友情と恋の境界線」のことなのです。

好きな女の子がいるけど告白できない。これは誰もが感じたことがあると思います。

ラインの好きなフレーズはたくさんあるのですが今回の記事では冒頭に注目してみましょう。

 

『どうせ叶わない恋ならなおさら 上手な愛し方他にあるのに

窓に置いた本がはらり風に頁めくられ 月にあらわ晒されてる 救いようのない最後の場面』

 

 

好きな女の子がいるけど告白できない、傷つくくらいなら「気の合う友達」でいい思う、それを詩的に書いちゃうのが晴一です。

 

 

 

そんなわけで短いですがおわり。